【python】tkinterライブラリでファイルやフォルダの参照機能

Pythonがくしゅー

どうも、あずです。

本日は「tkinter」を使ったファイルの参照機能についてです。

まとめにソースコードを貼ってあるので、参考にしてください。

機能

tkinterでGUIを表示させる。

参照ボタンを押すとファイル指定GUIを表示。

ファイルを指定したらテキストボックスに自動入力。

このような機能を作っていこうと思います。

コード解説

tkinterライブラリを使用するのでtkinterインポート。

import tkinter

import fkinter.filedialog

ファイルを指定する機能。まず、関数の作成。

def reference():

参照ボタンを押した時の、最初に開くファイル。

idir = ‘C:\\’

ファイルタイプ(〇〇.txt等)を指定。

filetype = [(“テキスト“),”*.url“)]

   は自由に変えれる。

ファイル指定機能。

file_path = tkinter.filedialog.askopenfilename(filetypes=filetype, initialdir=idir)

askopenfilenameを「askdirectory」に変換するとフォルダの指定ができる。(filetypesのとこは消してね)

idirは最初に開くフォルダの指定。

テキストボックスに挿入。

text.insert(tkinter.END,file_path)

file_pathはテキストボックスに挿入する文字。

まとめ

今回作成したプログラム。

import tkinter
import tkinter.filedialog

def reference():
    idir = 'C:\\'
    filetype = [("テキスト","*.url")]
    file_path = tkinter.filedialog.askopenfilename(filetypes=filetype, initialdir=idir)

    #テキストボックスに挿入
    text.insert(tkinter.END,file_path)

#tkinterの設定
root = tkinter.Tk()
root.title("ファイルの参照")
root.geometry("600x200+500+10")

#テキスト表示
text = tkinter.Entry(width=75)
text.place(x=10, y=50)

#ボタン表示
button = tkinter.Button(root, text=u'参照...', command=reference, width=10)
button.pack(anchor=tkinter.E, padx=25, pady=45)

root.mainloop()

以上、ファイル参照機能についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました